読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そごうソフトウェア研究所

SOA、開発プロセス、ITアーキテクチャなどについて書いています。Twitterやってます@rsogo

スクラム道EXPO 2012に参加しました。

スクラム道EXPO 2012に参加してきました。

テーマはこの6つでした。

  1. ペアプログラミング ホントのところ
  2. Doneの定義 虎の巻
  3. インセプションデッキ
  4. スクラムマスター思い出語り
  5. 分散スクラム
  6. 自律型組織


個人的には、今まさにコンサルで入っているプロジェクトで、初めてアジャイルに取り組むチームが半年弱試行錯誤してきて、次のステップとして自律型組織を目指すべきでは無いかと考えていましたので、ばっちりのテーマでした。


特に優秀であるほど、PM、リーダクラスは責任感が強く、いい加減な仕事はできないという気持ちが強いため、逆に彼らの確認待ち、計画待ちになることもフェーズによっては有り得ます。もっと大きなプロジェクトに、今試行している開発プロセスでチャレンジするためには一度、リーダ層のタスクを洗い出して、メンバーに任せられるもの、自動化できるものを分別しようと思います。そうしないとスケールしないですね。


Doneの定義についても、一応あるものの、これまでのやり方に従うところが多かったので、一度、振り返りをして足す物、引く物を検討すべきだと気づきがありました。


参考文献
塹壕より Scrum と XP