読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そごうソフトウェア研究所

SOA、開発プロセス、ITアーキテクチャなどについて書いています。Twitterやってます@rsogo

SQL DeveloperからSQL Serverにつなぐ

SQL DeveloperはOracleが出しているDatabaseを操作するためのGUIのクライアントツールです。Oracle SQL Developerから入手できます。

接続先のデータベースがOracle DBの場合はそのまま使えるけど、それ以外で最初は新規の接続を選択しても、Oracleというタブしかないので準備が必要です。 MicrosoftSQL Serverに接続する手順を書きます。

ドライバーの設定

Microsoftのドライバを使うのでは無くて、オープンソースjTDSを使うみたいです。

動作確認はjtds-1.3.1-dist.zipを使っています。

Zipを解凍した後、SQL DeveloperのPreferenceからjtds-1.3.1.jarのパスを設定します。

f:id:begirama:20140405074850p:plain

接続設定

ドライバを入れる前までは無かったSQL Serverタブが表示されます。

f:id:begirama:20140405072632p:plain

上手く接続できれば、GUIでがんがん操作できるので便利です。

f:id:begirama:20140405074445p:plain

MySQL

MySQLの場合も同様です。MySQLJDBCトライバーをSQL Developerから参照することで、MySQLのタブが表示されます。

MySQLのドライバーはこーゆーやつ。 mysql-connector-java-5.1.6.jar

参照資料

http://www.oracle.com/technetwork/jp/developer-tools/sql-developer/thirdparty-095608.html その他のデータベースに接続するために必要なドライバに付いても書かれています。