読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そごうソフトウェア研究所

SOA、開発プロセス、ITアーキテクチャなどについて書いています。Twitterやってます@rsogo

Mule ESB 3.7 メッセージ変換

使えるメッセージ変換の機能は下記のマニュアルを参照。

  • 用意されている変換機能

Objectと、JSONXMLの変換なんかは自動でやってくれる。 いざとなったらJavaやGroovyも呼び出せる。

Transformers - Current Mule Documentation

MEL (Mule Expression Language)

MELというXMLベースの独自言語が用意されていて、メッセージの要素にアクセスしたり、値を評価しての条件分岐とか書ける。

概要はこっちのマニュアルを読んで、

Mule Expression Language MEL - Current Mule Documentation

どんな機能が用意されているからは、こっちのリファレンスを見ればOK。 Mule Expression Language Reference - Current Mule Documentation

後はサンプルを見て、感じをつかむのが早い。

デプロイすると、No suitable driver foundが原因のjava.sql.SQLExceptionが発生する。 Muleを再起動すると解消する。DB接続が絡んでいない場合は、起動中のホットデプロイができているので、DB接続がらみで何かあるのかも知れない。要調査。

org.mule.module.db.internal.domain.connection.ConnectionCreationException: java.sql.SQLException: Cannot get connection for URL jdbc:oracle:thin:CMN/CMDB01@localhost:1521:aaa : No suitable driver found for jdbc:oracle:thin:aaa/aaa@localhost:1521:aaa (java.sql.SQLException). Message payload is of type: LinkedHashMap