読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そごうソフトウェア研究所

SOA、開発プロセス、ITアーキテクチャなどについて書いています。Twitterやってます@rsogo

WebLogic 12.1.2のCUIインストール

Java WebLogic

WebLogicCUIのみで入れる必要があって、いろいろ調べました。

12.1.1はコンソールモードっていうのがあって、CUIだけでインストールできるのですが、12.1.2からはなくなりました。サーバー側のソフトウェアのインストーラーにX Window systemがいるのって、本当にナンセンスだと思います。

クラウド化が進んでいくと、サーバーはどこにあるかわからない状態になって、リモート接続してセットアップしないといけなくて、セキュリティバリバリだと、いろいろポートは開いてないし、Xで接続するだけでも面倒。

しかもWebLogicのインストールは、半年に1回くらいしかやらないから、毎回手順忘れるっていう。

コンソールモードの廃止について

http://www.slideshare.net/OracleMiddleJP/wlstudy-201412unknown-features http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65940/console_mode.htm

OSXssh経由でXに接続する

ポートフォーワーディングして、ssh経由でXに接続するやりかた。 http://www.cyberciti.biz/faq/apple-osx-mountain-lion-mavericks-install-xquartz-server/

前準備

インストール先のディレクトリの作成

今回は、次の2つを事前に作成しました。

[root@demo02 opt]# chown weblogic:weblogic /opt/oracle/weblogic/
[root@demo02 opt]# chown weblogic:weblogic /opt/oracle/oraInventory/

orainst.locの作成

[weblogic@demo02 ~]$ cat /opt/oracle/oraInventory/oraInst.loc 
inventory_loc=/opt/oracle/oraInventory/
inst_group=weblogic

WebLogicのインストール

レスポンスファイルの作成

[weblogic@demo02 ~]$ cat media/sinstall.txt

[ENGINE]
 
 #DO NOT CHANGE THIS.
 Response File Version=1.0.0.0.0

 [GENERIC]

 #The oracle home location. This can be an existing Oracle Home or a new Oracle Home
 ORACLE_HOME=/opt/oracle/weblogic/

 #Set this variable value to the Installation Type selected. e.g. Fusion Middleware Infrastructure, Fusion Middleware Infrastructure With Examples.
 INSTALL_TYPE=WebLogic Server

 #Provide the My Oracle Support Username. If you wish to ignore Oracle Configuration Manager configuration provide empty string for user name.
 MYORACLESUPPORT_USERNAME=

 #Provide the My Oracle Support Password
 MYORACLESUPPORT_PASSWORD=

 #Set this to true if you wish to decline the security updates. Setting this to true and providing empty string for My Oracle Support username will ignore the Oracle Configuration Manager configuration
 DECLINE_SECURITY_UPDATES=true

 #Set this to true if My Oracle Support Password is specified
 SECURITY_UPDATES_VIA_MYORACLESUPPORT=false

 #Provide the Proxy Host
 PROXY_HOST=

 #Provide the Proxy Port
 PROXY_PORT=

 #Provide the Proxy Username
 PROXY_USER=

 #Provide the Proxy Password
 PROXY_PWD=<SECURE VALUE>

 #Type String (URL format) Indicates the OCM Repeater URL which should be of the format [scheme[Http/Https]]://[repeater host]:[repeater port]
 COLLECTOR_SUPPORTHUB_URL=

インストーラーの実行

[weblogic@demo02 media]$ java -jar wls_121200.jar -silent -responseFile /home/weblogic/media/sinstall.txt -invPtrLoc /opt/oracle/oraInventory/oraInst.loc 
ファイルを抽出しています.......
Oracle Universal Installerを起動中です

CPU速度が300MHzを超えていることを確認してください.   実際2500.114MHz    問題なし
スワップ領域の確認中: 512MBを超えている必要があります.   実際4079612MB    問題なし
このプラットフォームに64-bit JVMが必要かどうかを確認中.   実際 64    問題なし(64-bitは不要)
一時領域の確認中: 300MBを超えている必要があります.   実際39149MB    問題なし


/tmp/OraInstall2016-02-19_03-54-05PMからOracle Universal Installerの起動を準備中
ログ: /opt/oracle/oraInventory//logs/install2016-02-19_03-54-05PM.log
Copyright (c) 1996, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
レスポンス・ファイルの読取り中..
予期した結果: enterprise-4,enterprise-5,enterprise-6,redhat-6,redhat-4,redhat-5,SuSE-10,SuSE-11の1つ
実際の結果: (不明なOSバージョン)
チェックが完了しました。このチェックの全体的な結果: 失敗しました <<<<

問題: このOracleソフトウェアは現行のオペレーティング・システム上では認証されていません。
推奨: ソフトウェアを適切なプラットフォームにインストールしていることを確認してください。
警告: チェック: CertifiedVersionsに失敗しました。
予期した結果: 1.7
実際の結果: 1.7.0_71
チェックが完了しました。このチェックの全体的な結果: 問題なし
CheckJDKVersionチェック: 成功しました。
データの検証中......
ファイルのコピー中...
-----------20%----------40%----------60%----------80%--------100%

WebLogic Server 12.1.2.0.0のinstallationが正常に完了しました。

ドメインの作成

ドメインの作成はWLSTを使ってやることができます。

こちらを参考にさせていただきました。 「一歩先に進むためのWLST活用技法 + お悩み相談室」 https://blogs.oracle.com/wlc/entry/wlstudy_20130723_2

WLSTを起動

http://montai-garage.sakura.ne.jp/getthreaddump/

[weblogic@demo02 bin]$ ./wlst.sh 
WebLogic Scripting Tool(WLST)を初期化しています...
WebLogic Server Administration Scripting Shellへようこそ
使用可能なコマンドに関するヘルプを表示するには、help()と入力してください

wls:/offline> myHome="/opt/oracle/weblogic"
wls:/offline> wlHome=myHome + "/wlserver"
wls:/offline> readTemplate(wlHome + "/common/templates/wls/wls.jar")
wls:/offline/base_domain>setOption('ServerStartMode', 'prod')
wls:/offline/base_domain>cd('/Servers/AdminServer')
wls:/offline/base_domain/Server/AdminServer>set('ListenAddress', '0.0.0.0')
wls:/offline/base_domain/Server/AdminServer>set('ListenPort', 7001)
wls:/offline/base_domain/Server/AdminServer>cd('/Security/base_domain/User/weblogic')
wls:/offline/base_domain/Security/base_domain/User/weblogic>cmo.setPassword('パスワード設定してね')
wls:/offline/base_domain/Security/base_domain/User/weblogic>writeDomain(myHome + '/user_projects/domains/mydomain')
wls:/offline/mydomain/Security/mydomain/User/weblogic>closeTemplate()
wls:/offline>exit()

WebLogic Scripting Toolを終了しています。

writeDomainで、すっごい時間掛かった。

インストール後の作業

起動WebLogicユーザーの設定

http://www.oracle.com/webfolder/technetwork/jp/obe/fmw/wls/12c/15-BootProp--4471/bootproperties.htm

ユーザーのプロパティの指定。 起動時にパスワードをいれなくていいように。