読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そごうソフトウェア研究所

SOA、開発プロセス、ITアーキテクチャなどについて書いています。Twitterやってます@rsogo

Google I/O 2016。Keynote自分まとめ。Machine Learning、Google Home、Allo、Duo、Android N

Android google

Keynoteのライブ、見終わりました。

ここで録画が見られます。 www.youtube.com

Keynoteのメッセージの中心にはマシンラーニングがあったのかなと思います。 AlphaGoのようなマシンラーニングを活かすために、Google Assistantと、Assistantにテキストや、声でコミュニケーションするためのプロダクトが発表されました。

Google Home

Amazon Echoみたいなやつ。 f:id:begirama:20160519042558p:plain

家の中に置いておいて、声でGoogle Assistantに指示が出せます。

デモ中であったのは、「OK Google」って言って、音楽をかけたり(家中のスピーカーにも出力できる!)、宇宙について調べたり、スケジュールを変更したり。

リアルにどこまで使えるかやってみたい。 そのうち、Google Homeと連携するものを開発するためのツールが提供されるとのこと。

Google製メッセージアプリ「Allo」、ビデオチャットアプリ「Duo」

どちらもGoogleが出す、コミュニケーションアプリです。

  • Allo f:id:begirama:20160519043907p:plain 普通のメッセージアプリにない機能としては、ユーザーの振る舞いを学習して、相手の会話への回答の候補を出してくれます。それでよければ、タップして選ぶだけ。面白かったのが、相手が送ってきた犬の写真に対して、画像解析して、テキストへの返信と同じように「Cute dog!」などの回答候補がでること。

デモではチャットでレストランの予約をとっていました。 これも予約するためのプラットフォームに参加するお店がどのくらい日本で増えるかな。

個人的には、メッセージのフロントはLINEとか、FacebookメッセージやSlackなどなんでも良くって、後ろでGoogle Assistantが動いてて、会話のサジェスチョンもしてくれるし、レストランも予約してくれるってアーキテクチャがいいな。 きっとbotフレームワークもでるよね。

  • Duo f:id:begirama:20160519045543p:plain 娘さんのダンスが可愛いね。 電話をかけると、受ける方は取る前に相手の動画を見られる。誰かが家のインターフォンみたいなかんじだねって言ってた。確かに。

ハングアウトはどうなるんだろ。

Androidについて

Android Wear 2.0

これまでスマートフォンを母艦としないと何もできませんでしたが、スタンドアローンでいくつかの機能が動くようです。スタンドアローンで何ができて、何ができないのか、詳細はWearのセッションを楽しみにしたいと思います。

Android N

Android N自体は以前から発表されているので、知っている人は知っているという感じでした。 ここから誰でもNの名前を投票できるって。 Help name Android N

DaydreamっていうVRの仕組みでは、Android Nが前提となっているようです。

Android Studio 2.2

既にプレビュー版がダウンロード可能になっています。 Layout Designerが新しくなるみたいです。XCodeなみにUIの開発が楽になれば・・・。

Android Instant App

インストールしないNativeアプリ。このあたり眠くて記憶がない。

Introducing Android Instant Apps | Android Developers Blog

Android Instant Apps | Android Developers

Firebase2.0

Androidとは直接関係ないけど、バックエンドサービスのFirebaseにも触れていました。